人気ブログランキング |

反復視聴

先日書いたように、Star Trek Discoveryの「Choose Your Pain」を5回見ました。ネット上にあったスクリプトも2回読みました。それで分かったことは、海外ドラマの1エピソードを5回繰り返し見ても、それほど理解度に変化が無い。

最初に視聴して理解できた箇所は、安定して聞き取れます。一方、最初に全く分からなかった部分は5回繰り返して聴いても、あまり理解できません。

具体的に言うと、Ash Tyler中佐のセリフは口篭っていて聞き取りにくかったです。本エピソードで、Tyler中佐はKlingon人に殴られて体力が弱っているという設定なので、なおさらです。

一方、艦長代理Saruの発話は聞き取りやすいです。Saruは几帳面な性格なので、話し方も明快です。今回の反復学習で分かったことは、当たり前のことですが、海外ドラマを漫然と見ていても大きな成果は期待できないということです。当たり前すぎて、何を今さら言ってるんだと非難されそうですが(苦笑)。

Star Trek Discoveryはあくまで英語学習の意欲維持に使う程度であって、これを見て聴解力や英語力がアップすると期待しないほうが良さそうです。とはいえ、1回見てハイ終わりというより、数回繰り返して視聴すると学ぶ事も多いです。

すべてのエピソードを5回繰り返して見るのは辛いですが、たまにはこういう集中学習に取り組んでみるのも悪くはないと思いました。

英語学習とは無関係ですが、Tardigrade(緩歩動物、クマムシ)という動物は面白いなー。遺伝学的にも生物学的にも、不思議な生物です。この海外ドラマの脚本家の中には、生物学の専門家がコンサルタントとして参加しているような気がします。
# by PhotoEng | 2020-02-12 22:31 | スタートレック

Choose Your Pain 我に苦痛を与えよ

とあるブロガーが、これまで試してみて効果が無かった学習法を列記していました。その中に「海外ドラマや洋画の視聴」が含まれていました。実は、私も同感です。

英語学習、特にリスニングの教材として海外ドラマを勧めているサイトが沢山あります。映画英語アカデミー学会映像メディア英語教育学会という団体まで存在します。とにかく楽しいからとか、多忙な人や集中力が続かない人でもできるとか、新エピソードが次々出てくるので飽きないとか、様々な理由を挙げています。

しかし、海外ドラマを見て楽しめる人は既に上級者でしょう。40分の海外ドラマを英語に集中して視聴するのは決して楽ではありませんし、1回見ただけでそれっきりにしていると、なかなか上達しません。

本気で聴解力を向上させようと思ったら、同じエピソードを数回反復視聴する必要があると思いますが、それをやっちゃうと「マジでお勉強モード」です(苦笑)。

私が今まで海外ドラマをみていたのはあくまで楽しみ・余暇であり、これで自分の英語力が格段にアップするぞーと期待していたわけではありません。でも、たまには「お勉強モード」も悪くないかも・・・と思って、同じエピソードを繰り返して見ることにしました。

教材は、以前に1回視聴したまま放置していた海外ドラマStar Trek Discoveryのエピソード5「Choose Your Pain」です。Star Trek Discovery号のLorca艦長がKlingon艦に捕えられます。敵艦のL'Rellは、胞子転移ドライブ航法の秘密を聞き出そうとして、Lorca艦長を拷問します。Saru艦長代理はLorca艦長の救出に向かうという話です。

レンタルDVDは1週間借りられるので、このエピソード5を5日連続で聴いてみようと思います。それで、自分の聴解力・理解度に何か変化があるか調べてみるつもりです。普段は何となく聴いて、分からない箇所はそのままにしておくのですが、たまには真面目に取り組んでみるのも悪くないでしょう。本タイトルはChoose Your Painですが、楽ばかりしていないで痛みを伴う勉強も必要かと思いまして(笑)。
# by PhotoEng | 2020-02-05 20:46 | スタートレック

新型コロナウイルスの治療法

今日は節分の日ですが、Bangkok Postに2月2日付けで「Thai doctors say two drug groups effective on patient」という記事があったので、和訳してみました。

2薬剤群が患者に有効とタイの医師が発表
抗インフルエンザ剤と抗エイズ薬が回復を早めるとRajavithi病院の医師が報告

タイの医師は、抗インフルエンザ剤と抗エイズ薬を中国人女性に使用し、コロナウイルス患者の症状緩和に有効だと発表した。
バンコクのRajavithi病院の医師2名---Dr Kriangsak Atipornwanich(熟練内科医)およびSubsai Kongsangdao助教授(専門家)---はバンコクの記者会見で、2群の薬剤を投与して48時間後に71歳女性で改善が見られたと報告した。
この女性はHua Hin病院に入院後、1月29日にRajavithi病院に移された。
患者が重篤な症状を呈した後、両医師は中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS)の治療に用いられた抗インフルエンザ剤オセルタミビルならびに抗エイズ薬ロピナビルおよびリトナビルを併用することにした。
Dr Kriangsakは、中国では新型コロナウイルス患者に抗エイズ薬を使用していることを知っていた。
「我々は関連情報を調べ、抗インフルエンザ剤がMERSに有効だと知っていたので、2群の薬剤を併用した。」
「検査結果が不良であった10日間の後、本薬剤を投与して48時間後に検査結果がついに改善に転じた。治療も回復も早い。」
両医師は、この知見を医学誌に報告済みであり、ほかの患者にもこれらの薬剤を使用するつもりだと述べた。これら2群の薬剤は重篤な症状を示す患者に有効だ。
さらに、保健省の医師は日曜日の会見でタイの患者は計19人になったと伝えた。
患者1例が退院し、治療症例数は計8例に達した。さらに38例が精査基準を満たし、計382例が精査対象になった。

2019-nCoVに最適な治療は未だ確立していませんが、既存の抗ウイルス薬が有効なこともあるようです。これは朗報といって良いでしょう。特に、重篤患者に効果があったという報告は心強いです。

新型コロナウイルスの治療法_e0416219_19014514.jpg

# by PhotoEng | 2020-02-03 19:02