人気ブログランキング | 話題のタグを見る

多生児 multiplet

先月のニュースになりますが、DMM英会話に「Woman Gives Birth to 9 Babies in Morocco」という教材がありました。マリ共和国の女性Halima Cisseさんが九つ子を産んだそうです。妊娠30週で早産なので赤ん坊の体重は500~1000gしかありませんが、元気に生まれました。

不妊治療を受けていない女性がこれほどの多生児(多胎児)を出産するのは極めて稀です。性別は女児5人と男児4人でした。日本語では五つ子、六つ子などと言いますが、英語では以下のように表現します。

triplet(三)
quadruplet(四)
quintuplet(五)
sextuplet(六)
septuplet(七)
octuplet(八)
nonuplet(九)nontuplet
decuplet(十)

DMM英会話教材ではnonupletsという単語を使っていますが、九つ子に相当する英単語にはnonupletとnontupletがあるようです。でも、滅多に使いません。生児出生の世界記録は2009年に生まれた八つ子だったそうです。

Two sets of nonuplets have previously been recorded - one born to a woman in Australia in 1971 and another to a woman in Malaysia in 1999 - but none of the babies survived more than a few days.

上記のBBC Newsによると、九つ子の事例は2件ありますが、数日以内に亡くなったそうです。
# by PhotoEng | 2021-06-22 17:50 | Comments(0)

ヘミングウェイで学ぶ英文法 2

図書館で「ヘミングウェイで学ぶ英文法 2」を借りて読み始めました。同書「英文法 1」は他の人が既に借りていたので、2から読んでいます。

Amazonの本紹介で「大学の文学の講義を思い出した」と書いてありましたが、まさにそんな感じです。一般の英文法書とは異なり、網羅性はありませんが、楽しみながら学習できます。

文法の詳しい解説というより、英文をじっくり丁寧に読むための視点について詳述されているので勉強になります。

あまり文法事項をくどくど書かれると退屈だし、かといって、「楽しい」の押し売りもウザイです。本書は英文解説と楽しさのバランスが絶妙で、とての良くできていると思いました。

各章は和訳が先に来て、その後に原文(英文)が記載され、解説・講義と続きます。私は和訳は飛ばして最初に原文を読むようにしています。まだChapter 1「Indian Camp」しか読んでいませんが、お勧めの一冊です。

共著者の今村楯夫氏は、日本ヘミングウェイ協会の顧問だそうです。そんな協会が存在すること自体、興味深いです。もうひとり、倉林秀男氏は文体論が専門です。

ちなみに、本書の巻末に、ぜひ手元に置いておきたい文法書として、以下の2冊を勧めています。
江川 泰一郎『英文法解説』
安藤 貞雄『現代英文法講義』
# by PhotoEng | 2021-06-02 14:49 | Comments(0)

路上飲み Public Drinking

新型コロナウイルス第4波で緊急事態宣言が出ている四都府県では、宣言期間が延長されるようです。それは当然でしょう。今のままでは安心して近所のスーパーに買物にも行けません。

日本人はマスク着用率が高く、大型店舗の入り口には消毒用アルコールが設置されています。それは良いことなのですが、居酒屋の休業要請や時短要請にともなって、公園や路上でお酒を飲む人がニュースになっています。

このように戸外で飲酒することをpublic drinking, drinking in public, drinking alcohol in public placesなどと言います。Wikipediaの「Drinking in public」から一部引用すると

Social customs and laws concerning drinking alcohol in public vary significantly around the world. "Public" in this context refers to outdoor spaces such as roads, walkways or parks, or in a moving vehicle.

日本では公園、道端、コンビニの前、電車内で缶ビールを飲んでいても逮捕されることはありませんし、大声を出して近所迷惑にならなければ注意されることもありません。4月上旬の桜の季節には、私も公園でお酒を飲んだことがあります。出張帰りのビジネスマンが新幹線の車内で缶ビールを飲むことは決して珍しいことではありません。大学生ぐらいの若者がコンビニ前で缶ビールを飲んでいても、私にとっては許容範囲です(自分はコンビニ前で飲もうとは思いませんが)。

Japan has no laws forbidding public drinking, which is a common custom in cities and parks, particularly during local festivals (matsuri) and cherry blossom viewing (hanami) in spring.

一方、州によって異なりますが、アメリカにはopen-container lawsと呼ばれる規制があります。戸外で酒を飲む事は禁止されており、口の開いた缶や瓶を持っているだけで規制対象になります。

新型コロナウイルスの感染拡大で居酒屋が閉まったら、自宅で飲めば良いと思うのですが。週末に誰かの家に酒類や惣菜を持ち寄って飲めば安上がりだし、周囲からとやかく言われることも無いでしょう。家呑みだったら1000円でお釣りが来るのではないでしょうか?
# by PhotoEng | 2021-05-05 11:44 | Comments(0)